同じようで中身が違うカードローンとキャッシング!

カードローンとキャッシングの違いは大口か小口か

いまやカードローンとキャッシングを同じ意味に解釈して使っている人が大半だと思いますが、もともとは違う意味で使われていました。

カードローンは使い道は個々それぞれでも、融資限度額という貸出金の上限額が大口で100万円とか、300万円など。キャッシングはその場でちょっと現金を用立てたいときに利用する小口利用のためで、ショッピングカードなどに付帯していたものでした。

最大の違いは、「貸出金利が高いか低いか」にある

ではカードローンとキャッシングの決定的な違いはどこにあるのかと言うと、それは貸出金利。カードローンは長期間にわたって多額のお金を貸し付けるので金利はそれだけ高めになります。

しかも返済がはじまって最初のうちは、ほぼ金利しか返していないような状態で、なかなか残高が減りません。それに対してキャッシングは、融資額の上限が多くても50万円程度なので、金利は安く低めに設定されています。

両方のカードを使っている人は「破綻率」が高い?

カードローンもキャッシングも、金利の差と融資の上限額を除けば、返済方法などはコンピニのATMなどで簡単にできるようになったので差異はありません。どちらが便利かと言われれば、どちらも便利です。

ただし、カードローンとキャッシングの両方を使っている人は要注意です。ある信販会社の調査によると、2つを使っている人の破綻率は、どちらか一方の人にくらべ圧倒的に高いという結果が出ています。

破綻しないための、こんな方法の「予防策」もある

とくにカードローンで多額の借り入れをし、キャッシングの両方を使っている人は、以下の予防策を参考に破綻を回避しましょう。

  • キャッシングの用途は限定的なものに絞る。
  • 金利が高いカードローンでも、利用を1本に絞れば、管理・やりくりが簡単。
  • 毎月、少しずつ借り入れる額を減らしていく(一変に減らすとリバウンドする)。
  • 毎月数千円の少額でも預貯金して、借り入れ癖からの脱却をはかる。

預貯金で意識転換すれば、いずれ借り入れ癖の負のスパイラルから脱却して、気がつけば生活出費の増大を抑えられるようになっています。