同じようで中身が違うカードローンとキャッシング!

返済金利を比較するなら高い方の利率で比較すべき

カードローン初心者や主婦が陥りがちなことは、これまでカードローンの返済で苦しい思いをしたことがないために、返済金利を甘く見てしまうことです。

比較サイトなどで金利を比較して低いところで融資を受けようと考える人がいますが、そのような比較は無意味なことです。実績がない人や初めての人は、どこのカードローン会社で借りても、金利は幅のある金利の数字の最高利率と決まっています。

つまり表示が4.8%~18.0%となっていたら、18.0%からのスタートです。最低金利の設定はもちろん、中間の金利を設定してくれるわけでもありません。

返済シミュレーションで事前に返済の大変さをマスター

次に大事なことは、借り入れ・融資を申し込む前に、ネット上にある「返済シミュレーション」で、実際の返済例を確認しておくことです。

多くの人は返済のことより借りることに一生懸命になりますが、借りるのは簡単でも返すのはたいへんなことです。カードローン初心者が通例の満額の30万円を融資してもらえたとした場合、実際に金利を付けて返済する総額は45万円-50万円の総額になります。しかも返済をはじめて1年程度はほとんど金利の返済だけで終わり、元本は減っていません。

シミュレーションには月々の返済額がゼロになるまで一覧がつづいています。それを見れば、返済金利の分の総額や減り方が一目瞭然になるはずです。

借りることより、賢い返し方を先に学んでおくこと

カードローンに知識と経験のある人は、返済で痛い思いをしたあとに、ようやく返済金利の実際を知り、カードローンとのつきあい方に注意を払うようになります。

出し入れ自由のカードローンですが、それをそのまま便利だと思って使っていると、永遠に金利だけを払っていて、借金を返し終えないままの状態がつづいていることになります。

融資額が2020万円とか30万円のうちはまだ取り返しがつきますが、カードローンに慣れて数百万単位の借り入れができるようになってしまうと、その先の道は自己破産しかなくなります。借りることより、賢い返し方を覚えることが大事です。