同じようで中身が違うカードローンとキャッシング!

「在籍確認」のショートカットで上司や同僚にバレない

学生でも社会人でも、カードローンを使って借金しているというのは、少し後ろめたいところがあったりします。とくに上司にはバレたくない、同僚には知られたくないという人は多いはず。

それというのもカードローンの借り入れには「在籍確認」というのがあって、審査の過程でどうしても勤務先や通学先に、本人がほんとうに在籍しているかどうかの連絡がいってしまいます。その「在籍確認」をショーットカットし、誰にもバレずに融資が受けられる可能性があるのがこの種のカードです。

写真や画像で必要書類を提出しておくだけで確認回避!

在籍確認をされずに済むには、スマホやパソコンを使って写真・画像にし、身分証明となる社員証、給料明細などを提出する必要があります。

しかしそれほどの手間がかかる作業ではないので、できるなら実行しておきましょう。派遣社員の方、パートやアルバイトの方でも同じ要領で提出できれば在籍確認をショートカットできます。

審査を事前に済ませて店での鉢合わせリスクを最小化

いまやカードローンの申込みを、わざわざ店頭窓口に出向いて行う人も少なくなりましたが、どうしても行かなければという事情のある人は、最初の審査をできるだけネットを使って済ませておくことをおすすめします。

何もせずにいきなり窓口に行ってしまうと、審査の時間だけで最低でも30分はかかり、審査の担当者が別の用事で席に戻れなければ1時間近くかかってしまうことがあります。店での滞留時間を極力短くすることも、知っている人との鉢合わせリスクを少なくする有効な手段です。

家族にもバレたくない人は、ネットで完結させることが原則

カードローンの申込みや借り入れを、絶対に他人には知られたくないという人は、スマホやパソコンを中心に考えるとリスクを低減できます。

融資する側のカードローン会社も、そうしてもらったほうが対応コストの削減ができてうれしいはず。基本的に申込・契約、借入はネットですべて終えられます。

また借入明細書もネット上であれば簡単にチェックできるので、郵送物が送られてくることがなくなり、家族にバレることもなくなります。