同じようで中身が違うカードローンとキャッシング!

カードが複数になって返済に追われるようになったら

日常生活の中でいろいろとお金の入り用が増えて、カードローンにも慣れてくると、複数の会社と契約して何枚ものカードをもつようになります。

カードローンを使ってライフスタイルの広がりをエンジョイするのはいいことですが、行き過ぎた借り入れはデフォルト(債務不履行)のもとになります。

そもそもカードローンとは、収入の3分の1までしか借り入れができないように規制されていますが、何らかの方法で過剰に借り入れし、返済管理ができなくなってしまうケースもあります。そんなときに便利なのが、おまとめや借り換えにも利用できるカードローンです。

複数回あった返済日を1回にしてスッキリと管理できる

返済管理ができなくなる理由のトップは、複数のカードの返済日があって、ついうっかり忘れてしまうことが多くなった。他のクレジットなどの支払いもあって、延滞する回数が増えたなどです。

「おまとめや借り換え」というのは、複数のカードを1本化して、シンプルにすることです。メリットには以下のようなことが考えられます。

おまとめや借り換えのメリット

  • 複数の返済日があって把握しきれなくなってしまう危険を、カードローンの1本化でシンプルにでき、管理しやすくなる。
  • 1本化して借入額(融資限度額)が大きくなれば、金利自体がこれまでより低く設定される可能性がある。
  • 1本に絞られるので、完済までの把握がしやすくなり、見通しがつきやすくなる。
  • 金利が低くなれば、これまでよりも金利負担が抑えられ、返済プランにも余裕ができる。またそのことでデフォルトを回避できる。

身の丈にあったカードローンライフを再設計・エンジョイ

おまとめや借り換えにも利用できるカードローン商品は、どこの会社にもだいたいあります。何より返済不履行といった最悪の事態を回避できる魅力があり、返済に追われない生活を取り戻すことができます。

しかし問題なのはそこから先の利用者の心構えです。しばらくの間はできるだけ借り入れを控えるようにし、返済だけに注力するなど、意識と生活パターンを大きく転換しましょう。身の丈にあったカードローンライフを設計し直すことです。